banner
ロゴをクリックするとメインページに戻ります。

wackwak

「わっくわく」は国の交付金(厚生労働省)と民間助成金を受け建設しました。正式な事業内容をご紹介します。

印刷用PDFはこちらをクリック

交付金名 平成25年度地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金
(先進的事業支援特例交付金に係る分)
整備計画名 高齢者も障がい者も共に元気に暮らす地域づくり「わっくわく」事業
(市町村提案事業)
実施主体 倶知安町
設置主体 特定非営利活動法人ともに
 事業(既存)  ◆障がい者就労支援事業
          ◆グループホーム(共同生活援助)事業
施設名 ともに創る地域の和「わっくわく」
設置場所 倶知安町北3条西2丁目1-1
建物 新築木造2階建(総床面積423.02平方メートル)
総費用 101,000,000円 (工事費、設計費ほか)
交付金額  30,000,000円
民間助成金
寄付金
中央競馬馬主協会様(厨房・喫茶設備)        940,000円
ろうきん様(喫茶・食堂備品)               150,000円
ジョンソン・エンド・ジョンソン様(非常用自家発電機) 300,000円

 

<事業概要>

1、障がい者・高齢者が共同で運営する地域交流事業「わっくわく」事業

 ◆事業の運営は高齢者・地域住民も参加する運営審査委員会を創設し行う。

 ◆地域交流コミュニティカフェや厨房・食堂は障がい者の就労訓練と高齢者の雇用の場として活用する。

 ◆障がい者が作った野菜や惣菜、手工芸品を喫茶コーナーで展示販売し工賃向上を図る。

 ◆山の恵み(山菜)を高齢者の生活の知恵で障がい者とともに商品化し事業展開する。

2、夜間見守りが必要な障がい者に対応した夜勤者配置のグループホーム「まどか」新設

3、土日や食堂の空き時間を、地域の子どもたちや地域住民のたまり場として解放し世代を超えた交流空間とする。

4、災害時の障がい者避難施設として機能するよう、非常用自家発電機や電気に頼らない暖房設備(薪ストーブ)を設置。

↓外観                        ↓就労移行訓練室

wackwak 就労訓練室

 

↓喫茶コーナー                   ↓食堂

 喫茶 syokudo